読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2回目の妊娠

娘を妊娠するために体外受精が必要だったので、まさか自分が自然妊娠するとは思っていませんでした。


私は妊娠後に生理が開始するのも遅くて、1年6ヶ月後にやっと生理が来て。


まだ母乳をあげていたことも原因かと思いつつも、これはやはり、妊娠しにくかった何らかの原因に関係してるのではないかと思っていました。


あまりにも生理が来ないので、閉経してしまったのかと不安になったくらい。汗


そして、3度生理が来て、その間、セックスレスになってはいけない、という妙なプレッシャーにより夫婦生活をかろうじて月イチくらいで営んでいました。


そしたら、4度目の生理が来なかった。

まさか〜と思いつつも、もしや?と思い、1週間遅れたところで妊娠検査薬を使うと、なんと、人生初の陽性のラインを見ました!!


これまで何度も、なんじゃい!これ壊れとるやんけ!!怒

と思いながら投げ捨ててきた妊娠検査薬。


1人目の妊娠の時は不妊治療ちゃだったので血液検査で発覚したから、妊娠検査薬は使わなかったのです。


そんな妊娠検査薬。検査終了ラインの前に、くっきりとラインが。

これ、ちゃんと作用するんだ!!と別の意味で驚きました。


嬉しい。でも、驚きのほうが大きかった。今の生活だけでも仕事と子育てでてんてこ舞いなのに、どうやっていけばいいのだろうと。


この時のこの感情を、私は流産後にとても後悔することになりました。


なぜもっと、最初から手放しで喜んであげられなかったのか、と。


これは次回の妊娠時の自分への教訓。


次に妊娠したことを100%喜ぶこと。

流産の記憶がどんなに心を臆病にさせたとしても、100%喜ぶこと。


お母さんになるということは、その瞬間から、起こる全てを受け入れること。

だから、不安に喜びをかき消されないように、強い気持ちを持つこと。


何が起こっても、悲しいものは悲しいのです。だから、私は、次に命が宿った時には、気持ち全部で喜ぼうと決めています。