読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続く希望とその症状

生理が終わり10日ほど経過した頃から、胸騒ぎならぬ、子宮騒ぎがしました。


これは、前回流産に終わった妊娠の時にも似た症状があり、ん?子宮の中で何かが確かに行われている、という違和感です。


その後程なく、動悸息切れがするように。これは、過去の2回の妊娠で確認している、わたしの典型的な妊娠症状。


そして、生理後15日と16日に超微量の出血が!


そしてトイレが近い。夜中もトイレに行かなきゃいけない。


というわけで、ただいま絶賛想像妊娠進行中です!!


もしこれが、本当に妊娠だとしたら、こんなにも早く症状を感じるということに驚きです。

意識していたら、なんでもかんでもそれらしい症状に感じるもの。だから、これが想像のたまものである可能性もまだまだあるとは認識しています。

でも、仮に妊娠しているとして普段を過ごした方が、安全な意思決定ができるし、何よりもなんだか楽しい!


もしかしたら双子かも?とか勝手に想像したり。心の翼は自由です。


このままもし生理が来たら、多分これは化学流産なのだと思う。確認しようはないけど、そうだと思う。


受精の瞬間に全ては決まっている。だから、わたしはどんな結果でも受け入れるし、というか受け入れるしかないわけだし、そう考えることは、少し自分の思考を楽にしてくれています。


不安になったら深呼吸。

水分をとって、心地よい音楽を聴き、素敵なことばを読もう。