読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらい気持ちがぶり返す時

職場の隣の席の人が妊娠している。

予定日まで、私とほとんど同じという。


彼女はは私が流産したことを知っていて、

特に私を傷付けることを言うわけではないのだけれど、私は勝手にその存在に傷付いている。


ゆるめのワンピースを着ているのを見て、まだそんな服を着るには早いだろうに、見せびらかしたいんだろうな、と勘ぐる。


彼女のせいではない。

私のせいでもない。


でも、彼女が隣にいなかったら、自分はもう少し心穏やかに、スムーズに心を回復させらせることができたように感じる。


まあ、私は特段自分の性格がいいとも思わないし、黒いことを考えることもたくさんあるから、しょうがない。


聖女みたいに達観した境地は目指していないもんな。


できるだけ心の距離を置こう。


私は遠くの美しいものに焦点をあてよう。


私が欲しいのは、私たちの赤ちゃんで、あの人の赤ちゃんではないからな。


近くにあっても、違う流れに乗った違う船。

また穏やかな気持ちで話せるような、同じ流れに乗った時に、目を見て話しをすればいいや。


私はわたしだ。


強い心のまま、自然に流れながら、あきらめず、楽しみつつ、あなたをまた迎えに行くよ!